歴史の深さをあらわす印章

印鑑イメージ

会社で会社名の入った商品をお願いする場合、例えば社印であれば印鑑屋さん、名刺であれば名刺屋さん、封筒や社名の入ったメモ帳などをお願いする場合は印刷屋さんなど、ものの種類によって、頼むところを変えるのが普通だと思いますが、最近はそれを一手に引き受けてくれるような業者さんもあるようです。

例えば、アスクルという業者さんでは、印鑑作成はもちろん、名刺のスピード作成や、封筒への社名印刷から、社名入りの領収証や納品書などの伝票作成から、チラシやポスター作成、文房具やクリアファイルへの名入れなども同時にお願いできるそうで、便利な世の中になったなあという気がします。

会社の社名が入った、必要なものはなんでも揃っちゃいそうです。

他にアスクルさんのサービスで気になったのが、レジ袋の名入れというもの。
自分の会社の名前のレジ袋って、よい宣伝になりそうですね?。

会社が乱立している世の中ですから、なかなか覚えられないのが会社名。
似たような名前の会社が結構沢山あります。

レジ袋であれば、一目でデザインの感じ、色、会社名が一緒に目に入ってきますから、会社名のPRには最適かもしれません。
アスクルさんの印鑑や社印でおもしろそうなのが、甲州の伝統工芸品であるという甲州手彫り印章というものが頼めるところ。

京都の印章というのはよく目にするのですが、伝統のある甲州の印章というのもあるんですね。

京都の印章は、漢の時代からの流れを含んだ「書体」が特徴のようですが、甲州の印章は山梨県で水晶が発見されたことにより、初めて水晶で印章が作られるようになり、その後江戸時代末期よりツゲや水牛といった材質での印章作りが栄えていったという背景があるそうです。

京都の印章が歴史の深さをあらわす印章だとするならば、甲州の印章は熟練の手によって育て、今もなお繋がっている、伝統技術の印章というのが特徴かもしれません。

〔最近のお気に入りサイト〕

デコネイルに使用するクリスタルをはんこの表面にあしらった、スタイリッシュな印鑑が今売れ筋です。
キラキラと輝くスワロフスキーが女性らしい手元を演出します。

女性向けのおしゃれはんこをお求めの方はこちら

ページの先頭へ